飛魚の旅 離島温泉巡り

原付バイクで行く南国九州離島の温泉の旅 ついでに釣りも

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]  /  trackback: --  / comment: --

佐賀県 有田陶器市 

連休の中日を利用して佐賀県有田市の有田器市に行ってきました。
テーマは‘笑顔の食卓~器の華を咲かせよう~ 
今年でなんと110回を数えるそうです。
arita00.jpg

今回は有田陶器市の作品をスライドショウにしてみました
Adobe Flash Pleyer



今回の戦利品です。少し大き目の急須、唐津焼きの角皿、丸皿、2人用箸立、
飯茶わん、スープカップ、そば猪口
有田陶器市に行かれる場合は陶器は重いのでリックサックか買い物用のカートが便利です。
arita101.jpg
arita103.jpg
arita106.jpg
arita107.jpg
有田陶器市のマスコットキャラクターありたんで~す
arita090.jpg
平日でしたが全国からお客様がきて会場は大混雑でした。
道路も大渋滞 運よく近くの駐車場に車を止めることができましたが
来年はJRで行くのがいいかな
今回は天気にも恵まれ汗ばむような陽気でしたので楽しめました
この後、TSUTAYAが運営しているあの有名な武雄市図書館に寄って帰宅します。


おまけ
昼食には2008年全国駅弁コンテスト グランプリを受賞した有田焼きカレーを食しました。
1500円と少々お高いですが帰りに同じ有田焼きのカレー皿がお土産に付きます。
arita091.jpg

味はカレーの上にチーズをのせた見た目そのまま、味は濃い目、汁ぽいカレーが
好きな私はあまり旨いとは思いませんが女房は美味しいと申しておりました。???
arita092.jpg

お土産に貰った深鉢の有田焼きのカレー皿
これで食べると家のカレーも旨いのかな!
arita100.jpg
スポンサーサイト

category: 近郊のイベント、旧跡めぐり

Posted on 2013/05/04 Sat. 19:51 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 0

五島列島 若松島巡礼の旅 no1 

今回の離島の旅に選んだのは「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」として世界文化遺産の暫定
リスト掲載されている長崎県 五島列島の中通島と若松島にある29ヶ所のカトリック教会の巡礼!
の旅です。2日間でどれだけ回れるか行ってきます。
DSCnakanoura.jpg

佐世保と上五島町有川を2時間30分で結ぶ九州商船のフェリーなみじです、今回は
2日間で300km程行程なので原付バイクではなくダイハツハイゼットの軽ワゴンで行く
ことしました。
フェリーなみじ 

佐世保港はグレーの海上自衛隊の護衛艦が15隻程停泊していた。
DSCjieikan1.jpg
DSC00277.jpg

上五島町有川フェリーターミナル
DSC00295.jpg

中通島と若松島を結ぶ全長522mの白い若松大橋です。両側には守崎公園、上中島公園があり
海沿いに遊歩道も整備されています。島の緑と青い海とのコントラストが素晴らしいです
DSC00303.jpg
上五島教会地図
上五島教会地図

巡礼コース1日目は若松島、中通島の南部の奈良尾地区に行くことにしました。
相変わらず文章苦手、画像主体で!!!!
中ノ浦教会堂     上五島町宿ノ浦郷中ノ浦
DSCnakanoura no2
中は椿のような十字の赤い花文様の装飾が美しい海辺に面した教会sDSCnakanoura051ren.jpg

DSCnakanoura053ren.jpg

土井ノ浦教会堂      上五島町若松郷853
DSCdoigaura.jpg
改装されて現代的な外観ですが中は明治時代のこうもり天井残っていますDSCdoinoura051.jpg

桐教会堂      上五島町桐古里357-4DSCkiri.jpg
丘の上に建つ赤い屋根と白壁の近代的な建物で内部もシンプルです
DSCkiri051ren.jpg

大平教会堂        上五島町西神ノ浦郷大平DSCoohira.jpg
離合できないような狭い山道の奥にある白壁の教会 
途中イノシシと出会う カーナビもお手上げの場所

DSCoohira052ren2.jpg
有福教会堂           上五島町有福郷有福DSCarifuku.jpg
岬にある重層屋根の平天井で外壁がスカイブルーでかわいい教会 
現在改装中 でも中には入らしてもらえた
DSCarifuku052.jpg

鯛ノ浦教会堂          上五島町鯛ノ浦郷中野
DSCtainoura1.jpg

長崎の浦上天主堂の被爆レンガが塔に使用されている
珍しく一部畳敷きであった
DSCtainoura4.jpg

高井旅教会堂         上五島町奈良尾郷高井旅
DSCtaitabi.jpg
丘の上に建つシンプルな作りの教会下には学校と白い砂の海水浴場見える
DSCtakaitabi051.jpg

福見教会堂        上五島町岩瀬浦郷福見DSCfukumi.jpg
大正時代に造られた赤いレンガの教会 ステンドグラス美しい
DSCfukumi051ren.jpg

真手ノ浦教会堂         上五島町今里郷495-5
DSCmatenoura.jpg
シンプルな造り 敷地の中に平和の元后の像がある
DSCmatenoura051.jpg

跡次教会堂          上五島町三日ノ浦跡次
DSCatotugi1.jpg
内部はシンプルな造り、眼下には上五島洋上石油備蓄基地が見えます
DSCatotugi.jpg

大曽教会堂          上五島町青方郷151-2DSC00366.jpg
大正時代に造られた八角ドーム屋根の赤レンガの教会 
内部もこうもり天井のアールもきれい
DSCoosokixyoukairen.jpg


オマケ
奈良尾温泉
DSC00335.jpg
上五島町に1ヶ所しかない奈良尾温泉です。巡礼の途中に立ち寄りました
建物は外観は立派ですが内部は古びていてロッカーボックスのカギは
ほとんど壊れていてガラスもパテだらけで年代もんです。
湯船は2ヶ所あり湯量は多いでし風呂から見える五島灘の景色は最高です。
平日の昼間だったのかも知れませんが、お客は私一人
ゆっくりさせてもらいました。 料金 250円なり
DSCnaraoonsen052ren.jpg

お世話になった若松港の前にある旅館清水荘の夕食です。部屋は8畳で内風呂があり
中々快適でした。刺身、海老、サザエ、ホタテ、鰯のつみれ汁、美味しかったです。
ビールを付けて1泊2食 8300円でした。
DSC00384.jpg

上五島巡礼の旅 NO2に続く

category: 五島列島 若松島巡礼の旅

thread: 温泉旅行 - janre: 旅行

tag: 教会 
Posted on 2012/11/05 Mon. 09:49 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 0

五島列島 中通島巡礼の旅 no2 

2日目の教会巡りは世界遺産の暫定リストに掲載されている青砂ケ浦天主堂と
頭ケ島天主堂がある中通島の上五島地区、有川地区と北部の新魚目地区を回ります。

DSCaoga3.jpg

若松島の入江
DSC00389.jpg

焼崎教会堂             上五島町飯ノ瀬郷焼崎
DSCyaki2 (2)
入り組んだ海岸線の奥にある海に面した教会 道に迷いました。カーナビ役立たず
DSCyaki2.jpg

青方教会堂              上五島町青方郷511
DSCaokata1.jpg
珍しく街中にある近代的な教会で中も大勢の人が入れるようになっている
DSCaokata4.jpg
冷水教会堂    上五島町網上郷623       
DSChiyamizu1.jpg
奈摩湾を見下ろす木造の教会 ステンドグラスが朝日に映えていた
DSChiyamizu4.jpg
頭ケ島天主堂 頭ケ島伝道師養成所跡 (国指定重要文化財) 上五島町住吉郷頭ヶ島638       
DSCatama2.jpg
世界文化遺産の暫定リストに掲載されている珍しい石造りの教会
中は折り上げ天井に花柄があしらわれシックな優しい雰囲気
DSCatama3.jpg
隣接して石造りのキリシタン墓地が併設されていた。又、横の崖にはルルドがあります。
目の前の海もエメラルドグリーンで素晴らしい景色です
DSCatama4.jpg

曽根教会         上五島町小串郷1028          DSCsone1.jpg
長崎県の天然記念物「赤ガキの断崖」が見える 他では見られない祭壇の背面に雲の絵?
が描いてあった       DSCsone6.jpg

DSCsone7.jpg

DSCmitibenohana.jpg

大水教会堂              上五島町曽根郷大水
DSCoomizu.jpg
タイル張りの教会 内部彫刻やステンドグラス美しい
DSCoomizu4.jpg

青砂ヶ浦天主堂             上五島町奈摩郷1241
DSCaoga3.jpg
丘の上に建つ煉瓦造りの教会(国指定重要文化財)
内部も祭壇、天井、ステンドグラスも素晴らしく神秘的で荘厳な感じがした。
長椅子に座り祭壇の十字架を見ていると心が洗われるような気がした。
今回の教会見学の中で自分ではこの教会が一番好きです。
DSCaosuna 10

DSCaosuna11.jpg

DSCaosuna12.jpg

小瀬良教会堂             神五島町小串郷小瀬良
DSCkosera1.jpg
番岳の中腹にある白壁、赤い屋根の教会 眼前には有川湾が広がる
駐車スペースが無いので主道路から長い階段を登る。膝が痛い 老人にはつらい!
DSCkosera4.jpg

江袋教会   (県指定文化財)   上五島町曽根郷字浜口19                   DSCebukuro1.jpg
寄棟造りの木造の教会 内部の柱の形状が複雑であるが美しい
祭壇も背部にある丸窓、角窓もステンドグラスで特徴的
DSCebukuro5.jpg

赤浪江教会堂          上五島町立串郷谷ノ板子1899
DSCakanamie1.jpg
五島灘に面した急斜面に立つ小さな教会内部もシンプル
教会までの道が狭く駐車が無いので苦労した
DSCakanamie4.jpg

仲知教会堂      上五島町津和崎郷991
DSCnakati1.jpg
総煉瓦造りの教会 ステンドグラスが幾何学模様ではなく宗教画のようであった
ちょうど信徒の方が鐘楼で正午の鐘を鳴らしていた。
DSCnakati6.jpg

DSCnakati5.jpg

米山教会堂             上五島町津和崎郷589
DSCkomeyama1.jpg
南北に伸びた上五島の北端にあるコンクリート造りの白い教会
入口の上部に最後の晩餐のレリーフが敷色豊に飾ってあった
DSCkomeyama4.jpg
碧い海と青い空に映える白い教会と鐘楼 
DSCkomeyama7.jpg
丸尾教会堂           上五島町丸尾郷940
DSCmaruo1.jpg
丸尾の町の中にある八角屋根の立派な教会 内部のステンドグラスも美しい
DSCmaruo4.jpg

25ヶ所目でフェリーの出港の時間がきてしまいました。 残り5ヶ所 残念 試合終了

途中立ち寄った蛤浜海水浴場  干潮で渚は遠くに
DSChamaguri.jpg
有川港多目的フェリーターミナルとくじらのモニュメント
古式捕鯨や近代捕鯨の歴史資料が展示されている鯨賓館が併設されていた。
DSCarikawa.jpg

 今回、離島温泉巡りの2島目として五島列島中通島若松島の教会巡りをしてきましたが
天気にも恵まれて2日間で29ヶ所中25ヶ所も回ることができました。平日だったせいか
教会では1組しか観光客に出会いませんでしたのでゆっくりと見学や写真を撮ることができました
道の険しい教会も2~3ヶ所ありましたが何処の教会も山の緑や入江の美しさと調和し
周りにはごみ一つ無く特にトイレが清潔できれいに掃除されているのが印象的でした。
ヨーロッパ荘厳な教会とは違い手造りの素朴な温味のある教会群でした
教会内部のあの静けさとステンドグラス越しの光の美しさは忘れられません

将来世界文化遺産になるといいですね!



オマケ
かって幻のうどんと言われてた「五島手延べうどん」の地獄炊きを食したかったんですが
急遽肉うどん定食に変更、うどんより新鮮な鯵フライがサクサクして美味しかった。
肉うどん定食(肉うどん、ご飯、鯵フライ、小鉢、サラダ)  920円なり
DSCudon3.jpg

category: 五島列島 中通島巡礼の旅

tag: 五島列島  若松島  中通島  巡礼 
Posted on 2012/11/04 Sun. 10:34 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 0

鹿児島県 硫黄島 東温泉の旅 

硫黄島港鹿児島県 硫黄島
九州離島の旅の1島目は鹿児島県沖の薩南諸島の活火山硫黄島を選びました。
普段は三島村航路は鹿児島港発が普通ですが今回は枕崎のかつおラーメンが
食べたかったので実証運航中の枕崎発で行くことにし鹿児島市の知人の家に
預けているヤマハ原付スクーター ギアに荷物を載せ枕崎に向かった。

フェリー みしま
フエリーみしま アクセス
みしまは全長、89m、1196トン、定員200名 小さな離島航路の船にしては
エレベーターやスタピライザーがついた中々近代的できれいな船です。
仮設の待合室で運賃と原付バイク運送料合計4200円を払いフェリーに乗り込む、
実証運航中とはいえ積荷はバイク2台、自動車2台、生活物資用小型コンテナ2台と
いう少なさでです。船内には売店、食堂はありますが営業はしてなかったようです。
7時40分出港、途中黒島を経由して硫黄島まで4時間15分の船旅です。
天気は快晴、三島村方面、波浪注意報発令中、外海に出ると少々揺れました。

後ろの小さいバイクが愛車ヤマハ ギアです  大海原を見て何を思う
002x5x5.jpg

硫黄島が見えてきました。白い噴煙を上げる高さ703m活火山硫黄岳です硫黄島
火山の成分の影響で海水がエメラルドグリーンに変色してます。 
009.jpg
硫黄港到着です。港の海水が火山の成分と混ざりオレンジ色に変色してます。
012.jpg
入港すると島の人が西アフリカ、ギニアの伝統打楽器{ジャンべ}で歓迎してくれます
janbe.jpg

今回お世話になった港から歩いて2分ほどにある民宿ガジュマルさんです。
おかみさんが一人で切り盛りしてあり2日お世話になりました。
硫黄島には民宿は5軒ありほとんどが仕事で来島する方相手で観光客は少ないそうです。
お客は初日私一人、2日目6人でした。食事は刺身がついた一般的な家庭料理です。
1泊2食6000円です。
046-01.jpg
民宿ガジュマルの玄関横に咲いた珍しい月下美人の一種のサボテン
午後には花は萎んでいました
046-04.jpg

ここはインドか!スリランカ
ヤマハのリゾート施設で飼われていた孔雀が野生化し島のいたるとこにいます。
046-06.jpg

港前にある島に1個しか無い貴重な自動販売機です。見ての通り中身スカスカで
飲みたかった缶コーヒーは3日間売り切れのままでした。また島にはコンビニも
ありませんのでキャンプ予定の方は燃料、飲料、食料、全部持ちこみで・・・ 
しかし人口120人の島民の為、郵便局と駐在所はありました。海が荒れると
3~4日帰れなくなる場合もあるそうなので天気予報をニラメッコして余裕を
持って日程を組んでください。
046-02.jpg

私が硫黄島に行きたかった理由1つは活火山が織りなす七色の海が見たかったからです。
文章はカラッキシ駄目なので画像の連続で・・・・ 
この島は世界遺産かジオパーク?てな感じですばらしい景色です
012-03x05.jpg
014x05.jpg
016-03x05.jpg
016-01x05.jpg
椿の林の道しるべ
道しるべ

2つ目の目的である日本の秘湯百選で上位にランクされる東温泉の露天風呂
に行ってきます。 東温泉への道は島名産の椿油を取るために植えられた
椿の林を抜けて7~8分で着きました。 だ~れもいません。貸切天然露天風呂



017-02.jpg
硫黄岳を背後に前には東支那海を望む絶景の湯船3段の東温泉です。酸性の明礬泉で
1段目は非常に熱いので熱湯好きでも入れないぐらい高温です。日によって温度が変化
するようですが自分は一番ぬるい3段目で波の音とエメラルドグリーンの水平線(写真斜め)
を見ながらゆっくり浸ってました。 極楽 極楽 本当に硫黄島に来よかった

019-01.jpg

硫黄岳の5合目に展望台があると聞き、登りたかたったですが駐在さんから
登山禁止のレベル2だし台風や豪雨の影響で崖崩れがおこり登山道も無いに
等しいからやめたほうがいいと言われ残念がら諦めました。写真は島の北側に
ある平家城から硫黄岳を写したものです。(人物いらない?)
032-02.jpg

帰りの12時15分発の鹿児島港行きは30人程人たちが乗船していました。
島民の半分ぐらいの人がお見送り
船が出港すると元の静かな島に戻るんでしょうね 
出港


民宿のおかみさんが船で食べてねと持たしてくれた弁当です。
058.jpg

2泊3日の短い旅でしたが天気にも恵まれ九州離島の旅
1島目の硫黄島は大当たり
ブログを書くきっかけになった記憶残る楽しい旅でした。
時間があれば又行きたいです。



オマケ
2日目時間を持て余したのでバイクに縛り付けている竿を持って防波堤横の
磯場行った。釣れたのは写真にあるヒラアジ40cmほか、同寸のカスミアジ2匹、
キジハタ1匹ダツ、赤ヤガラ等離島は魚影がこゆい!!!
もちろん釣った魚は民宿の夕食を賑あわせた。 おかみさんニンマリ
タックル
竿 2,8mのモバイルスピニングロッド
リール シマノ バイオマスター3500
道糸 ナイロン3号 PE1号 150m 先糸 フロロ5号
ルアー フローテングミノー、トップウォーター 10cm前後
* メタルジグとタイラバを試しましたが根掛りばかりでアウト 残念
 
028.jpg

category: 鹿児島県 硫黄島 東温泉

tag: 秘湯  東温泉  硫黄島 
Posted on 2012/10/25 Thu. 14:57 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 0

ダイハツ ハイゼットカーゴ 

ハイゼットカーゴ
離島の旅に使っているダイハツの軽ワゴンハイゼットカーゴです。
平成19年製で23年に中古で購入、荷室広々で結構重宝しております。
屋根の上にはTHULEのルーフキャリヤを取り付けキャンプに行く
時はルーフボックスを取りつけます。
軽ワゴン
家族は二人なので後部座席はたたみ9mmのコンパネを敷いています。
普段の買い物等にも使用するために軽キャンパーのような改造は一切しておらず
ノーマル仕様です。
又、荷室長180cmあるので原付バイクのトランポにも使用してます。
軽ワゴン2

ETCと軽ワゴンにしては贅沢なパイオニアの楽ナビ「AVIC-MRZ09」を取り付けておりますが
個人的にはナビ案内よりも昔ながら地図帳を見ながらの旅の方が好きですね。
DSC00628.jpg

category: 軽ワゴン

Posted on 2012/09/30 Sun. 13:25 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。