飛魚の旅 離島温泉巡り

原付バイクで行く南国九州離島の温泉の旅 ついでに釣りも

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]  /  trackback: --  / comment: --

鹿児島県 硫黄島 東温泉の旅 

硫黄島港鹿児島県 硫黄島
九州離島の旅の1島目は鹿児島県沖の薩南諸島の活火山硫黄島を選びました。
普段は三島村航路は鹿児島港発が普通ですが今回は枕崎のかつおラーメンが
食べたかったので実証運航中の枕崎発で行くことにし鹿児島市の知人の家に
預けているヤマハ原付スクーター ギアに荷物を載せ枕崎に向かった。

フェリー みしま
フエリーみしま アクセス
みしまは全長、89m、1196トン、定員200名 小さな離島航路の船にしては
エレベーターやスタピライザーがついた中々近代的できれいな船です。
仮設の待合室で運賃と原付バイク運送料合計4200円を払いフェリーに乗り込む、
実証運航中とはいえ積荷はバイク2台、自動車2台、生活物資用小型コンテナ2台と
いう少なさでです。船内には売店、食堂はありますが営業はしてなかったようです。
7時40分出港、途中黒島を経由して硫黄島まで4時間15分の船旅です。
天気は快晴、三島村方面、波浪注意報発令中、外海に出ると少々揺れました。

後ろの小さいバイクが愛車ヤマハ ギアです  大海原を見て何を思う
002x5x5.jpg

硫黄島が見えてきました。白い噴煙を上げる高さ703m活火山硫黄岳です硫黄島
火山の成分の影響で海水がエメラルドグリーンに変色してます。 
009.jpg
硫黄港到着です。港の海水が火山の成分と混ざりオレンジ色に変色してます。
012.jpg
入港すると島の人が西アフリカ、ギニアの伝統打楽器{ジャンべ}で歓迎してくれます
janbe.jpg

今回お世話になった港から歩いて2分ほどにある民宿ガジュマルさんです。
おかみさんが一人で切り盛りしてあり2日お世話になりました。
硫黄島には民宿は5軒ありほとんどが仕事で来島する方相手で観光客は少ないそうです。
お客は初日私一人、2日目6人でした。食事は刺身がついた一般的な家庭料理です。
1泊2食6000円です。
046-01.jpg
民宿ガジュマルの玄関横に咲いた珍しい月下美人の一種のサボテン
午後には花は萎んでいました
046-04.jpg

ここはインドか!スリランカ
ヤマハのリゾート施設で飼われていた孔雀が野生化し島のいたるとこにいます。
046-06.jpg

港前にある島に1個しか無い貴重な自動販売機です。見ての通り中身スカスカで
飲みたかった缶コーヒーは3日間売り切れのままでした。また島にはコンビニも
ありませんのでキャンプ予定の方は燃料、飲料、食料、全部持ちこみで・・・ 
しかし人口120人の島民の為、郵便局と駐在所はありました。海が荒れると
3~4日帰れなくなる場合もあるそうなので天気予報をニラメッコして余裕を
持って日程を組んでください。
046-02.jpg

私が硫黄島に行きたかった理由1つは活火山が織りなす七色の海が見たかったからです。
文章はカラッキシ駄目なので画像の連続で・・・・ 
この島は世界遺産かジオパーク?てな感じですばらしい景色です
012-03x05.jpg
014x05.jpg
016-03x05.jpg
016-01x05.jpg
椿の林の道しるべ
道しるべ

2つ目の目的である日本の秘湯百選で上位にランクされる東温泉の露天風呂
に行ってきます。 東温泉への道は島名産の椿油を取るために植えられた
椿の林を抜けて7~8分で着きました。 だ~れもいません。貸切天然露天風呂



017-02.jpg
硫黄岳を背後に前には東支那海を望む絶景の湯船3段の東温泉です。酸性の明礬泉で
1段目は非常に熱いので熱湯好きでも入れないぐらい高温です。日によって温度が変化
するようですが自分は一番ぬるい3段目で波の音とエメラルドグリーンの水平線(写真斜め)
を見ながらゆっくり浸ってました。 極楽 極楽 本当に硫黄島に来よかった

019-01.jpg

硫黄岳の5合目に展望台があると聞き、登りたかたったですが駐在さんから
登山禁止のレベル2だし台風や豪雨の影響で崖崩れがおこり登山道も無いに
等しいからやめたほうがいいと言われ残念がら諦めました。写真は島の北側に
ある平家城から硫黄岳を写したものです。(人物いらない?)
032-02.jpg

帰りの12時15分発の鹿児島港行きは30人程人たちが乗船していました。
島民の半分ぐらいの人がお見送り
船が出港すると元の静かな島に戻るんでしょうね 
出港


民宿のおかみさんが船で食べてねと持たしてくれた弁当です。
058.jpg

2泊3日の短い旅でしたが天気にも恵まれ九州離島の旅
1島目の硫黄島は大当たり
ブログを書くきっかけになった記憶残る楽しい旅でした。
時間があれば又行きたいです。



オマケ
2日目時間を持て余したのでバイクに縛り付けている竿を持って防波堤横の
磯場行った。釣れたのは写真にあるヒラアジ40cmほか、同寸のカスミアジ2匹、
キジハタ1匹ダツ、赤ヤガラ等離島は魚影がこゆい!!!
もちろん釣った魚は民宿の夕食を賑あわせた。 おかみさんニンマリ
タックル
竿 2,8mのモバイルスピニングロッド
リール シマノ バイオマスター3500
道糸 ナイロン3号 PE1号 150m 先糸 フロロ5号
ルアー フローテングミノー、トップウォーター 10cm前後
* メタルジグとタイラバを試しましたが根掛りばかりでアウト 残念
 
028.jpg
スポンサーサイト

category: 鹿児島県 硫黄島 東温泉

tag: 秘湯  東温泉  硫黄島 
Posted on 2012/10/25 Thu. 14:57 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tobiuo6575.blog.fc2.com/tb.php/1-5af09074
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。